三好 平 Official Web Site

2018年9月議会 職員が住民の福祉増進目指す 労働環境整備を求める

9月議会一般質問「職員が住民の福祉増進目指す労働環境整備を求める」ほか2件で質問

9月11日(火)5番手で質問に立ちました。

質問の要旨は、次のとおりです。一問一答方式で行いました。

質問項目 1 職員が住民の福祉増進目指す労働環境整備を求める
国が進める「会計年度任用職員制度」の条例制定のスケジュールを問う
◆峅餬彷度任用職員制度」の導入をどう捉えているか
「全体の奉仕者」(憲法第15条)としての公務員の本義に照らし、公務の運営は正規職員が担うことを基本とし、非正規職員の正規化を図るべき
ぁ峅餬彷度任用職員制度の整備」に当たっては、職員団体と真摯に協議すべき
質問項目 2 福祉施策の利活用促進を目指して
「高齢者福祉サービスのご案内」(平成30年度)について
支援内容の他市比較と介護保険適用外の方及び家族に対する補助・支援について  各項目の内容の具体化は
 実施効果の把握はどうされていますか
 敬老の日を前に祝い制度の充実を

質問項目 3 障がい者雇用の実態について
 当市の実態はどうか
 国民の行政不信を増長させる水増し行為などをただすべき

一般質問全文・答弁をお知らせします。

議席番号6番 日本共産党 三好 平です。
はじめに
 自然災害が世界に広がっています。被災者の方々に心よりお悔み、お見舞い申し上げます。太陽や雨などは自然の恵みといわれていた時代から、現在は太陽や雨が人の命を奪う異常な事態となっています。これは、儲け本位の経済活動が、地球の温暖化やオゾン層の破壊などに影響を与え、まちづくりにおける開発などの安全対策が問われる事態に直面していると思います。災害復旧における財源確保も問われています。
今、朝鮮半島の平和・非核化へ向け、敵対関係から対話へ大きく転換が図られています。これを前進させ、北東アジアの平和確立、紛争解決に武力を使わない、話し合いによる解決の道を切り開くことが、政治に求められています。そうすれば、アメリカのイージスアショアやオスプレイの押し付けなど多額な軍事費は不要になります。
私ども共産党市議団は、地域から市民のみなさんと共同し、安倍政権を倒し平和な社会実現、無駄な軍事費を削減し国民のいのちくらし守るための財源確保めざし、引き続き頑張ります。同時に公務員の役割も重要です。それでは、質問に入ります。
機タΠが住民の福祉増進目指す労働環境整備を求める
(1) 国が進める「会計年度任用職員制度」の条例制定のスケジュールを問う

2017年5月「会計年度任用職員」制度が法定化され、施行は2020年からとなっています。これを実施するには条例制定が必要となっていますが、そのスケジュールを提示ください。

<市の答弁要旨>

 「会計年度任用職員制度」は、平成32年4月1日から施工されるため、これまでの運用を抜本的に見直す必要がある。現在、平成31年度中の条例制定に向け事務作業を進めており、今後、国が海底予定の制度導入マニュアルに従い、近隣自治体との連携を密にしながら、スムーズな移行を行いたいと考えている。
<総 括>
急がず、次に提起する問題・課題をじっくり検討のうえ、住民の福祉増進目指す職員の労働環境整備につなげていただくことを求めて、次の質問に入ります。
(2) 「会計年度任用職員制度」の導入をどう捉えているか
日本のこれまでの「働き方」は、長期雇用(終身雇用)慣行と年功的な処遇でした。
労働者の「働きがい」や「労働生活の充実」のための対応です。ところが、昨今の新自由主義は「市場は規制や制約から解放されなければならない」として市場での自由な競争を阻害する規制と慣行は撤廃すべきと、「規制緩和」が叫ばれるようになっているといわれています。安倍首相いわく、「岩盤規制にドリルで風穴を開ける」などといい、「世界で一番企業が活躍できる国」をめざすと、「残業代ゼロ法」強行など無茶苦茶な暴走をしています。
 今回、地方公務員の「働き方(働かせ方)改革」は二つの面で行われています。一つは「人事評価制度」の導入であり、もう一つは「会計年度任用職員制度」の導入です。
これは、「年功的処遇」や「終身雇用慣行」など労働者保護の視点は、市場原理には邪魔なものとして、破壊するものです。
人事評価制度は2014年に地方公務員法が変えられ義務付けられています。2006年には給料表が1年ひとマスだったのが、4マスに分割されました。当初は、賃金に影響はないと言っていたが、2016年には人事評価によって賃金に分断を持ち込んでいます。これは、自治体職員の働き方に大きな影響をもたらします。第1に、上司が評価し、評価点数で任用・配置・処遇が決められるため、上司の意向に左右されかねません。公務員にふさわしい「働き方」か、大きな疑問です。
第2に、評価の科学性・公平性・納得性の問題です。総務省の評価モデルも、極めて曖昧で評価者の主観で、ゴムでできた物差しで評価されると指摘されてもいます。これは、パワー・ハラスメントや「忖度」が横行することになりかねません。人事評価制度の問題を排除する制度や対策がないままでは、個々の職員は委縮し、それだけ住民サービスの劣化が進んでしまいかねません。
次に、「会計年度任用職員制度」はどうか。文字通り「会計年度」単位の有期任用の職員制度です。いわば非正規公務員を正式に公認するもので、非正規公務員をさらに大量に採用しやすいように制度を改定していく狙いだと指摘があります。概要は、お手元にこのパネルと同じものをお渡ししています。
問題は「相当の期間任用される職員をつけるべき業務」とは何かの定義がないとのことです。この任用制度は公務員の「働き方」にどんな影響をもたらすのか。
第1に、図を見て分かるように、限りなく非正規化が進行します。
「任期の定めのない常勤職員を中心とする公務運営」という公務労働の原則から大きく逸脱することになります。加えて、断片化され短期的で不安定な勤務で良質のサービスが提供できるといえるのか、つまり住民サービスの質が劣化する危険性があります。
第2に地方自治や公務員の役割が大きく変質する可能性があります。常勤職員にさせる業務とはとの問いに対し、「典型的には、組織の管理・運営事態に関する業務や財産の差し押さえ、許認可といった権力的業務などが想定される」(総務省の文書『会計年度任用職員制度の導入等に向けた事務処理マニュアル』)と記しているとのことです。これは、常勤職員を「船の漕ぎ手から、かじ取りへ」変えるもので、それ以外は「非常勤職員」にさせる構想と指摘されています。
こうした点、どう受け止められていますか。答弁を求めます。

<市の答弁要旨>

 地方行政の重要な担い手となっている臨時・非常勤職員の適正な任用・勤務条件を確保することが求められている。任用・勤務条件の適正化に取り組む中で、現に存在する職を漫然と存続するのではなく、それぞれの職の必要性を十分吟味したうえで、その職責に応じた任用根拠の明確化と適正化を図りたい。今回、様々な意味で、組織そのものを見直す良い機会ととらえている。

<総 括>

 「公務運営の原則は、人気の定めのない常勤職員を中心とする」と規定されている地方公務員法に逆行する中身である。
「窓口業務」が平成30年4月改訂され(議会と自治体2018.9月号P19)民間業者には禁止されていた公権力の行使(住民票の写しの交付審査など)を独立行政法人には可能とするなど、使用者に都合の良いように変えていく問題がある。実践を通じた問題に移ります。
(3) 「全体の奉仕者」(憲法第15条)としての公務員の本義に照らし、
公務の運営は正規職員が担うことを基本とし、非正規職員の正規化を図るべき

 各地方公共団体における公務の運営においては、任期の定めのない常勤職員を中心とするという原則を前提とすべきであることとなっており、「人事評価制度」導入義務付け、「会計年度任用職員」の創設の「二つの改革」は民間企業で行われてきた「働かせ方」のフレキシブル化、特に雇用と処遇のフレキシブル化の公務員版です。「会計年度任用職員制度」の創設は、民間における「雇用形態の多様化」戦略そのものであり、人事評価制度は、民間企業の場合と同様に、まさしく成果・業績主義人事の確立を企図したものと指摘されています。
これらの「改革」は、公共サービスの経済性(コスト削減)と効率性の同時達成を狙ったものですが、憲法第15条に謳われている「全て公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」としての公務員の本義として考えるなら、重大な問題をはらんでいます。
第1に人事評価によって任用と処遇のすべてが決められることは、公務の職場が任命権者と上司によって支配されることになります。昨今の政府官僚の「忖度」や物言わぬ公務員の言動が目につくが、これが日常の暮らしに直結する地方自治に及んでくる可能性があります。上からの評価と自己責任が強調され、唯々諾々と上司の指示に従うだけでは「全体の奉仕者」としての職務を全うできないだけでなく、住民サービスの劣化を招きかねません。評価の公正性と公平性の確保に向けて「評価される側」からの規制と監視など、人事評価の在り方の抜本的見直しが不可欠です。
第2に、「会計年度任用職員」が「全体の奉仕者」としての職務を全うするためには身分保障の確保が必要です。基本は正規職員の増員、また非常勤職員の常勤化ですが、雇用不安を抱えたままで「全体の奉仕者」としての業務全うするのは極めて困難です。公務員には、労働契約法が適用されず、その第18条にある無期転換ルール「雇止めからの保護規定」もありません。今回の新制度は、その第18条の脱法行為に等しいと専門家から指摘されています。非常勤職員当人の問題にとどまらず、まさに公共サービスの劣化につながるとなるなら、労働契約法第18条に見合った、身分保障の措置対応は喫緊に解決すべき課題です。
公務の運営は正規職員が担うことを基本とし、非正規職員の正規化を図るべきと考えます。答弁を求めます。

<市の答弁要旨>

 憲法第15条では、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定され、本市職員も、入庁時に「全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を執行する」ことを、宣誓している。「人事評価制度」の目的は、職員個々の能力や実績等を的確に把握し、適材適所の人材配置などの人事管理の基礎とすることや、個々の能力開発を促進し、人材育成・組織パフォーマンスの向上を目指すことにある。尚、評価者には、特に主観的な判断基準で評価しないこと、人材育成の観点からの適切な指導・助言を行う事を求めており、この制度を通して、評価する者、される者が、共に誠実かつ公正に職務を執行することができると考えている。

 今回制定された「会計年度任用職員制度」は、教育や子育てなど、多様な行政需要に応えるべく、臨時・非常勤職員のそれぞれの任用の厳格化を図ることが目的である。

 今後においても、多様化・高度化する行政ニーズに対応するためには、常勤職員を中心とする公務の運営の趣旨に沿った運営のもとで、多様な任用・勤務形態の職員を最適に組み合わせ、公務の効率的かつ適正な運営に努めていきたいと考えている。

<再質問>
 今の答弁、納得しかねる。人件費を抑えるために終身雇用を崩し、年功序列賃金体系をつぶす将来の方向に不安があって、働くことに集中できる環境を崩す、ここをしっかり見ていかないといけない。平成16年4月合併時点では、正規以外の嘱託・臨時職員の割合は、27.84%(124+366/1760)であったのが、平成30年4月には38.50%(125+459/1517)と10%を超えて増えています。どう見ていますか。

<市の答弁要旨>

 合併以降の増加は、教育、子育てなど放課後児童クラブ、教育支援、保育所の早出遅出など、新たな行政ニーズに応えてきたものである。
<再質問>

 私は、「地方公務員として、住民に目を向けること、質の良い公共サービスを提供するという誇りが重要」と考えます。市長就任の平成25年4月の年の12月議会で、篠原市長曰く「私は、篠原に忠誠やか誓ったって何の足しにもならないと。職員の皆様方は、市民にしっかりと目を向けて行動をしてください。だから、私と意見が違っても結構です。ああ言よったってやっぱり意見違うたら干されらいやのうと、こう。そんなことはありませんから。もし私と意見違って干された人おったら言うて来てください。私は4月に就任した時からそのことだけは肝に銘じてやっておりますので、どっちに目向いて仕事しょんぞということであります。」との発言をされたことが議事録に残っています。正規職員は、住民の立場にたって、理事者、上司に意見することが可能です。なぜなら、「気に食わないから首にする」などできないからです。篠原市長このこと、ぜひ守っていこうではありませんか。

<篠原市長の発言>

 通告ない。

<三好発言>

 ヒアリングで出している。

<篠原市長の答弁要旨>

 よくわからないことがある。(私の)発言については、何ら変わらない。公務員の採用、任用は地方自治体で、なんぼ議論しても変わらない。共産党は3人おるから、来年の県議選に一人出て、ステージアップの場で議論してほしい。

<再質問>

 国が決めておろしてくるのをうのみにして実行する人が多いが、現場を一番よく知る市長がこんなことをしたらいくまいと発言している。四国中央市ではやらないとの迫力で臨んでほしい。

<篠原市長の答弁>

 私が後で考える。結構。

<総 括>

 結構ではない。1500人からの人生を預かっているのです。将来を見据えて計画できるなら、子育てや家を建てたりできるが、来年おれるかどうかわからないでは、仕事に打ち込んで、子育てや家を建てたりできない。いじめのようになる。
(4) 「会計年度任用職員制度の整備」に当たっては、職員団体と真摯に協議すべき
前述のごとく、検討、協議すべき課題や問題点が多くあります。時間をかけて、現場第一線で活躍する職員団体と真摯に交渉をすべきです。国会の付帯決議でも指摘されています。答弁を求めます。

<市の答弁要旨>

 職員団体から適法な交渉の申し入れがあった場合においては、職員団体と適宜必要な協議を行っていきたいと考えている。
<総 括>

 言質、非常に厳粛に受け止める。みんなのあらゆる角度からの意見を聞いて、国の一方的な押し付けを押し返すことを要請しておく。
供ナ〇禹楮の利活用促進をめざして
(1)「高齢者福祉サービスのご案内」(平成30年度)について

 お手元に配布しておりますが、「高齢者世帯」・「高齢者」・「ひとり暮らし」など、対象者5分野の方々別にサービス内容をお知らせしています。目を通させていただき感じた点は、内容の具体化と見える化を図っていただき、簡易化を図った手続き方法の説明を加えることで、内容伝達が更に深まりサービスの利活用につながるのではないでしょうか。
例えば、「ひとり暮らしの方へ」では、利用料が1割負担とありますが、全体費用がどの程度か、無料になる場合はどんな時か、固定電話を貸与するとしているが、その設置工事費用の額と負担の有無などを追記することで理解が深まるのではないでしょうか。
また、「認知症となった方」の規定や、「位置情報を検索できる端末機を3年契約の内1年間無償で貸与」としているが、その全体費用の明示や優先取扱いの事例と介護度との関係などの追記も必要ではないでしょうか。
 並びに、「寝たきりとなった方」の規定と要介護度4・5との関係、年齢規定の有無の説明などを加えるべきではないでしょうか。
「収入による負担金/月」の具体例の表示なども検討ください。如何でしょうか。

<市の答弁要旨>

 高齢者を対象とした各種サービスを、幅広く市民の皆様に周知する目的で作成し、例年出前講座等において内容の説明を行い、周知を図っている。今年度は、それに加えて広報6月号の配布時に回覧を行い、多数のお問い合わせをいただくなど反響があり、周知について一定の効果があったと認識している。

 記載内容は、ここ数年サービスそのものに大きな変更がなく、大幅な見直しは行っていないが、よりわかりやすく、興味を持ってもらうために現在、記載内容の見直しを進めている。これ以上核と文字が小さくなり読みにくくなり、必要な情報量と読みやすさのバランスを考慮し、議員指摘の点も踏まえ更なる利活用の促進につながるよう努めていく。
<総 括>

 積極的検討に期待する。漫画チックにするなど工夫もしてほしい。
(2)支援内容の他市比較と介護保険適用外の方及び家族に対する補助・支援について
各対象者別に、「年間10時間まで無料」「バス組み合わせ乗車券の半額補助」「はり・灸・マッサージの月1回1,000円補助」など、補助・支援額表示している部分が、他市との比較でどの程度のランクに位置しているか伺います。
また、外出支援の「バス組み合わせ乗車券」「はり、灸、マッサージ助成」「介護認定ない方に対する支援」「緊急連絡」などは、健康体の方々に対するものが標準と考えられますが、「介護保険はかけるだけで給付対象とはなっていない」といわれる方々に、補助・支援の充実を図ることを求めます。

<市の答弁要旨>

 一律の比較は困難だが、当市は県下市町の中でも多様なサービスを幅広く実施し、内容も比較的充実している。一例で言うと「経度生活援助事業」は、ひとり暮らし高齢者等に、シルバー人材センターの会員を派遣し、軽易な作業を年間10時間まで無料で利用できる事業で、県内で実施している6市の中でも対象者を身体状況等を勘案せず、年齢の制限だけで実施しているのは当市と西条市のみで、利用者も年々増加傾向にある。要介護認定を受けていない方への支援は、介護保険料を財源とする還元事業として、保険給付以外に介護予防教室の開催や貯筋体操の普及など様々な施策を展開している。

 今後とも、高齢者福祉サービスは、当市におけるニーズや実情、他市の状況等も踏まえ更なる充実に努めていきたい。
<総 括>

 このような時こそ県でまとめて提供するよう要請してほしい。マッサージは年間1万2千円補助になる。バスだと年間2千円から3千円の補助で、本庁前からHITO病院前までの間年間6回ぐらいの往復となる。自宅介護家庭には、年間5万円から8万円の補助となる。一人で動ける人に支援を充実させてもよいのではないか。 
(3)実施効果の把握はどうされていますか
成果報告では、結果の記述がありますがその効果の評価・課題は特に記述がありませんのでお聞きします。

<市の答弁要旨>

 ひとり暮らし高齢者を対象に緊急時の通報を目的とした機器の設置及び設置業者が定期的に安否確認を行う「緊急通報体制整備事業」は、利用者の安心感の醸成及び見守り支援体制の強化に寄与していると考える。また、在宅の要介護4・5の方の家族介護者への支援事業として実施している「介護慰労金支給事業」及び非課税世帯へおむつ等を支給する「介護用品支給事業」は、在宅介護の経済的負担軽減及び環境改善の観点から、受給者から大変好評を得ている。一方で認知症の方への見守り支援を目的としている「徘徊高齢者位置検索事業」は、認知症の方が居場所を検知するGPS端末機を外出時に必ずしも所持していないこともあり、利用が進んでいないのが現状である。今後、認知症高齢者の更なる増加が予想される中、より早期発見体制の強化が必要になると認識しており、現在新たなサービスの導入も含め、調査・研究をしている。

<総 括>

 前向きに検討されていることがわかりました。新たなサービスの導入を考えているとのことだが、利用者にアンケートを取り「よかった」ところ、「改善すべき」ところなどを直接集約して、研究もしてほしい。
(4)敬老の日を前に祝い制度の充実を
老人の対象基準は65歳以上(老人福祉法)と規定がありますが、現在は敬老会への案内が75歳以上となっています。この理由をお示しください。また、祝い金についても現在は80歳以上節ごとに規定されていますが、少なくとも、古稀(70歳)、喜寿(77歳)は、お祝いと慣例になっています。
広く敬愛する高齢者の方に慣例に倣い祝い金の対象にお加えいただくことを求めます。

<市の答弁要旨>

 老人福祉法においては、高齢者を65歳以上と規定しているが、昨今の平均寿命の伸びや高齢者の身体機能の向上及び社会活動の実態に照らし、長寿をお祝いする敬老会のご案内は、後期高齢者にあたる75歳以上を対象としている。

 高齢者の定義は、昨年、日本老年学会などにおいても、75歳までの前期高齢者は活発な社会活動が可能な方が大多数を占めているため、65歳から74歳までを準高齢者とし、75歳から89歳までを高齢者、90歳以上を超高齢者と位置づけるよう提言がなされ、議論が起きている。

 超高齢社会を活力あるものにするためには、高齢者の方もこれまでのように支えられる側だけでなく、地域活動の担い手として、地域社会の活性化や自身の健康年齢の延伸のために、支える側としても活躍することが求められている。一方で高齢者の心身の状態や社会活動においては、個人差が大きいことから一律に年齢によって区分することに抵抗を感じる方がいるのも事実であり、今後の議論の深まりが待たれるところです。

 このようなことから、敬老のお祝いの対象年齢は、当面は現状を維持しつつ、高齢者の定義の考え方や地域の実行委員会などのご意見を踏まえながら検討していきたい。
<総 括>

 国は前後期をなくし準高齢者や超高齢者とするようになる。お祝い金は80歳からとなっているが、それまでに黄泉の国に行く人もいる。それまでにお祝いする気持ちを表していくべき、昔は毎年くれよったという話もある。

 高齢者を例に質問しましたが、子育て、学童、税、料など他分野の施策においても、同様の視点で検討を深めていただくことを要請しておきます。

掘ゾ磴い者雇用の実態について
(1) 当市の実態はどうか
国においては、水増しし障がい者雇用促進法の趣旨をゆがめていることが問題となっています。当市においての経緯と実態を明らかにしていただくことを求めます。

<市の答弁要旨>

 「障害者である職員の任免に関する状況」は、「障害者の雇用促進等に関する法律」に基づき、厚生労働省所管の愛媛県労働局へ毎年6月1日現在での障害者の雇用状況を報告している。

 今年6月1日現在での障害者雇用状況は、市長部局において算定の基礎となる職員数800.5人、障害者の数21人、実雇用率2.62%教育委員会に置いて、基礎職員数170.5人、障害者の数4.5人、実雇用率2.64%となっている。

 これに対し法律で定められた障害者の雇用率は、平成30年度現在で市長部局2.5%、教育委員会2.4%となっている。

 本市の障害者雇用は、合併以降、新規任用職員の採用においても障がい者の募集枠を設けるなどの取り組みを継続している。

なお、今般国の行政機関における障害者の任免状況の数値に誤りがあることが判明したことに伴い、「公務部門における障害者雇用に関する関係閣僚会議」が開催され、地方自治体へも障害者の任免状況について、国と同様の再点検を行うこととなった。

 先週9月7火に再点検の趣旨及び方法についての説明会が行われたので、現在、本市においてもこれに基づき報告した内容を改めて調査中である。

<再質問>

 当市はいわゆる水増しなどのごまかしの考えはないですね。

<市の答弁要旨>

 国のガイドラインに沿って報告している。

<再質問>

 身障者手帳に基づいてやっているのですね。

<市の答弁要旨>

 それも含めてガイドラインに沿って行っている。
<総 括>
 国では33省庁で27が水増しをしており、8割を超える国機関同士でだましあいとの異常事態です。当市は、ヒアリングでは、ごまかしの考えはないとのことを聞いている。あたりまえのことです。この立場引き続き堅持していきましょう。
(2) 国民の行政不信を増長させる水増し行為を正すべき
 現行の障がい者雇用制度は1976年に始まり40年もの間、不正を繰り返していたことは、言語道断であり国民の行政に対する不信を増長させるものであります。加えて、安倍政権は戦争する国に変える法律強行、森友・加計問題はもとより、労働基準法破壊の働かせ方改悪などでの隠ぺい、文書偽造、データー捏造と今の安倍政権は政治不信を加速させてきております。
安倍政権のもと、4年前の2014年には、厚生労働省所管の独立行政法人の「労働者健康福祉機構」(現労働者健康安全機構)で水増し問題が発覚していたのに、その時点で政府内での点検がされずにきたことの責任が改めて安倍総理に問われています。
こんな政府一刻も早く退陣させるべきです。市長の見解を求めます。

<篠原市長答弁>

 言語道断。
<総 括>

 そんな答弁では、これを見ている人は市長に失望を感じますよ。私たちは、末端地域からこうしたこと正す立場で引き続き頑張ります。公務員の皆さん、全体の奉仕者として市民に目を向け、力を合わせましょう。応援することを表明して質問を終わります。

 


コメント
コメントする








   
ページのトップへ